対象者の心に響くメールの内容とは!

件名と冒頭で興味をひく

こまめにメール配信を行ったとしても、対象者が目を通すことなく捨ててしまえば、効果を得ることはできません。心に響くメールを作成するためには、まず件名に工夫をすることが大切でしょう。件名でしっかりと興味をひきつけることができれば、メールの中身にまで目を通してもらうことができます。次に重要なのは、冒頭部分の内容です。冒頭にどういった内容を持ってくるべきかは、対象者の属性やメールの方向性によって異なってくるでしょう。たとえばライフハックに関する内容となっている場合、冒頭に要点や解決すべき問題点等を挙げておけば、対象者の興味をひきやすくなります。コミュニティや趣味の分野に関するメールであれば、親しみやすい挨拶文を記載すると効果的かもしれません。

読みやすさを向上する

余白なく漢字がびっしりと並んでいるようなメールは、嫌がられてしまいがちです。どれほど内容が良いものであっても、読みにくいという印象を与えてしまうと、最後まで読んでもらうことができません。読みやすさを向上するためには、なるべく短文で内容をあらわしていくことが大切でしょう。区切りなく続いている長文は、読んでいる人にストレスを与えてしまうことが多いものです。リズムよく目を通していけるよう、文章の長さを工夫していく必要があります。また必要に応じて改行を行い、文面内に余白を作っておくことも大切です。余白によって段落が明確になっていると、内容が伝わりやすくなります。読む側の気持ちになって文章を編集し、魅力あるメールを作成しましょう。

メール配信APIとは、メール配信に活用されるアプリケーション・プログラミング・インターフェイスのことです。メール配信用のプログラムを組む時にAPIがあることでスムーズにメール配信システムが利用できます。