メールの内容を読んでもらうためのテクニック!

タイトルで引き付けることが大事

メール配信をする場合には、そもそも配信しただけでは意味がなく、それを読んでもらい行動につなげることが必要になります。読んでもらうためには、まずタイトルが面白くないといけません。タイトルの付け方はとても重要で、わずか1行程度の文でもそこにかなりの力を入れるべきです。タイトルが悪いと、結局どれだけ素晴らしい内容が書かれていたとしても読んでくれなくなります。そこで、どのようにタイトルをつけたらよいかが重要になりますが、平凡な内容でも人が読みたいと思うようなものにする必要があります。例えば、「驚きの」「あり得ない」「絶対に」などのように少し刺激の強い言葉を使うことで、その読者はメールの内容を読みたくなってしまうものです。

本文の内容にも工夫をする

本文の内容を工夫することで、メールの最後まで読んでもらうことが可能になります。メールの内容は、問題提起からスタートすると良いでしょう。 例えば、健康食品を販売するならば、現在大人の間ではさまざまな成人病がはやっているといった内容に変えていきます。これにより、それを読んだ人も、自分にも関係がある話だと認識していくでしょう。そしてそれが命にかかわることを書いていき、読む人をくぎ付けにします。その問題を解決するために、健康食品の購入を勧める流れです。ただそれだけでは人の心が動かない可能性もあるため、「今だけ限定で割引きをしています」というような内容を付け加えておくとよいでしょう。人間は、限定と言う言葉に弱いため、それだけでも多くの人の心を動かすことが可能になります。