メールを開いてもらうためのテクニック!

インパクトのあるタイトルと地道な活動

せっかく配信してもタイトルが平凡だと、中身を見ずに削除してしまう人は少なくありません。そのため、メール配信で大切なのはインパクトのあるタイトルです。特に読者の関心を惹きそうなタイトルにすることで、読む確率が高まります。普段から購読している人が何を求めているのか、クリック率やアクセス率、キーワード検索などから判断することが望ましいでしょう。
また、アフターケアを充実させることや、顧客の購買行動に対するフォローアップメールの送信などをこまめに行うことで、差出人の名前を見るだけでメールを開いてもらえることもあります。日ごろから地道にサポートしている企業の場合には、メール開封率が高いといわれているため、参考にしてください。

どんなタイトルをつけたらいいのか

日ごろからの付き合いがある顧客ならば読んでくれる確率が高いとして、それ以外の見込み客や単なる購読者に読んでもらえるタイトルのつけ方はどんなものがあるでしょう。 なるべく短く、伝えたいことを凝縮させることが必要です。現代人は時間がないため、わかりやすく短い文章を好む傾向にあります。そのため、インパクトの高い短めのタイトルは頭に入りやすく、読んでもらえる傾向が高いです。 逆に避けたほうがいいのは長すぎるタイトルで、言い過ぎることで関心が落ち、見てもらえる可能性が低くなります。内容が想像できてしまうタイトルは関心を失い、読んでもらいづらいです。メール配信時には短めで、読む人が関心を抱くタイトルを目指しましょう。