一斉メール配信を行う際のポイント!

ターゲットを決めて配信しよう

メールを一斉配信するときにはあらゆる送信先に送れば良いというわけではありません。伝えたい情報があるときに、誰に伝えるのがベストかを考えて送る必要があるのは個別メールでも一斉配信でも違いはないのです。予めグループ分けをしておいて、情報の内容に応じて誰に送るのかを簡単に決められるようにしておくのが重要になります。例えばマーケティング目的の一斉配信なら、商品やサービスのターゲットに応じて適切なグループにだけ配信するようにした方が効果が上がります。また、年齢層や性別などで分類し、メールの内容に少し変化を付けるだけでも効果が大きく変わるので、安直に全員宛に同じメールを送れば良いと考えないようにしましょう。

配信頻度を適切にしよう

一斉配信されたメールは返事をする必要がないという特徴があります。読んでくれるようにメールを配信しないと、いつの間にか受信しているだけでそのままゴミ箱に入れられてしまうこともあるので注意しましょう。配信頻度が高いと読むのが面倒になってしまう人もいます。逆に頻度が低いと存在を忘れられてしまいかねないので適度な頻度での送信を心がけることが欠かせません。商品やサービスの購入を促す場合には、その購入頻度を目安にして考えると良いでしょう。毎日買うのが当たり前のものなら毎日配信しても大丈夫です。年に一回くらいしか買わないようなものなら月一回程度にしておいた方が無難といったような考え方を持って配信すると効果が上がります。